logo-top002.pnglogo-top002.png日本レット症候群協会 
Japan Rett Syndrome Association

1966年、ウイーンの小児神経科の医師 Andreas Rett (アンドレアス・レット) 博士によって一つの症例が発表され、彼の名を取って「レット症候群」と名付けられました。

それはほとんど女児に起こる神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの動作を繰り返すことを特徴としています。

女児出生率一万から一万五千人に一人の発生率といわれ、生後六ヶ月から一年六ヶ月の頃に発症します。
もし、レツトの娘達に会われたら、どうぞ優しい声をかけて下さい。

彼女達は話すことはできません、でも感じる心は豊かに持っているのですから。

logo-top.png

 日本レット症候群協会 事務局
〒167-0023
東京都杉並区上井草4-1-15 櫻井方
  TEL/FAX  03-6454-7550
   E-mail: info@rett.gr.jp